階層と共に面持ちの変色やシワやたるみ、面持ちのいたるところに人泣かせが出てきています。鏡を見てとても目に入るのが面持ちなので、今まで面持ちの退化ばっかり気にしていましたが、目を少々下にずらしたタイミング、はじめて気付いてしましました。首のとなりに上がる線が、くっきりと深くなって目立ってきている・・・という。落胆でしたね。それまで、首はノーターゲットでしたから、ここにまで退化が現れるようになったのかといった。そしたらは、人の首にも視線が行くようになりました。TVに感じる40フィー以上の奥様の芸人氏なども、面持ちは年齢よりも若々しく見えるのに首は漠然と老けているなと感じてしまいます。階層が正直に現れやすい部分なんですね。気付いたからには、直ぐに手伝いを始めなければ!から、首のマッサージを始めました。クリームを適量つけて少し柄を向き、右を首の上、左側をその下に置き、平手全体を使って右で上にさすり上げ、左側は押し下げる。シワを上げ下げに引き伸ばすような感じです。お風呂立ちに、面持ちのお手入れののち首のお手入れも決めるが、始めたばかりなので首のシワは依然として消えてはいません。ただ、お手入れを本当に一年中すれば、これ以上は伸び悩むと思います。もっと短くケアしておけばよかったという僅か後悔していますが、これからは首のアンチエイジングも頑張ります。スノボ入門